28歳の頃に一念発起してヒゲの永久脱毛を@上野にあるクリニック

私は子供の頃から父親遺伝の非常に濃いヒゲに悩まされておりました。
16歳の思春期で多感な時期からやたらヒゲが濃く、
もみあげからアゴまでヒゲが繋がっているような状態。
剃っても元が濃いため青ヒゲ状態で周囲の友人、知人からは「オッサン」など呼ばれていました。

極め付けは17歳ごろの初めてお会いした初対面の方に、私の顔をみて「30歳ぐらいの方ですか?」と言われる始末でした。

28歳頃まで毎日ヒゲを剃って暮らしていましたが、毎日ヒゲを剃るため年中肌荒れ状態。
ニキビなどのできものが出来てもなかなか治らなく肌の手入れは本当に大変でした。

なるべく肌に優しい4枚刃のカミソリを使っていましたが、毎日剃るためすぐにダメになってしまい毎月カミソリ刃の購入金額も馬鹿になりませんでした。

更に日々ヒゲを剃れば剃るほどどんどん濃くなり28歳の頃にはパッと見て分かるぐらい濃いヒゲに成長してしまいました。

28歳の頃に一念発起してヒゲの永久脱毛を行いました。
もみあげからアゴと鼻下の部位を永久脱毛しました。ちなみに上野にある病院です。※参考:ヒゲ脱毛上野

脱毛クリニックでレーザーによる永久脱毛を行なったのですが、最初のヒゲが濃い時の脱毛レーザー照射はかなり痛く最初は大変でした。

ただ、回数を重ねるごとにヒゲが減っていき脱毛レーザー照射時の痛みも徐々に減っていきました。

脱毛クリニックへ通い始めてから半年ほどで明らかにヒゲが薄くなり始め毎日ヒゲを剃らなくても大丈夫の状態になりました。

脱毛クリニックへ通い始めて1年を過ぎる頃にはぱっと見た感じが元々ヒゲが無い人かのように見えるようになり、
毎日ヒゲを剃らなくて良いので肌荒れもかなり軽減され肌が若返ったかのようになりました。

毎日のヒゲ剃りと青ヒゲと肌荒れから解放されたため顔全体が若返り表情も豊かになり周りの方から褒められることが増えました。

今となってしまえば「何故もっと早くヒゲ脱毛しなかったのだろう」と思っています。

ヒゲ脱毛を行うのに費用や通院時間はそれなりにかかりましたが、
あのまま一生毎朝、苦痛だったヒゲ剃りを行い。
年中肌荒れ状態で青ヒゲ状態が続くことを思うとやはりヒゲ脱毛をやってよかったと心底思っています。

現在は脱毛クリニックに通い始めてから2年ほど経ちました。
現在ではヒゲは殆ど生えてこず、部分的に生えてきたヒゲをたまに剃る程度です、
毎日のヒゲ剃りが無い生活を楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です