ミャンマーの文化

ミャンマーの正式名称は「ミャンマー連邦共和国」である。東南アジアのインドシナ半島西部に位置しており、1948年にイギリスから独立するまでは「ビルマ連邦」という国だった。首都はネピドー。多民族国家であり、人口の60%はビルマ族である。他には、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、チン族、モン族、ヤカイン族、シャン族、北東部に中国系のコーカン族がいる。

ミャンマーの7文化は隣接していつ中国やインドの盈虚をうけていることが多い。日本の四季は春夏秋冬の4つに分かれているが、ミャンマーは雨期・涼期・夏の3つである。ミャンマーは80%以上が仏教徒である。だから神様の次に偉いのは、髪さもの教えを守っている僧侶となる。キリスト教やイスラム教の信仰も自由である。

ミャンマー人はいっぱんてきには姓を持たず、両親どおちらかの名と自分の名を併用することがある。名前をつける際には、生まれた曜日によって頭文字を決める。2語の名がほとんどであったが、独立後は4語や5語の名前が見られるようになった。

 

ミャンマーの食文化

ミャンマーの郷土料理は、ビルマ料理またはミャンマー料理と呼ばれる。スパイスは控えめで、油をたくさん使うことが特徴的。主食は米で、インディカ米が多い。屋台や食堂では麺類、ナンなども食べられることが多い。食材にはヒラマメ、インゲンマメ、ヒヨコマメなどの豆が使われることが多く、他の東南アジアの国々と比べると種類と調理法が豊かである。豆腐もよく食べる。

 

基本のミャンマー語

ミンガラーバ :こんにちは
タミンサーピービラー?:ご飯食べた?
ミンガラーネネキンバ:おはようございます
チェーズーベー:ありがとう
チェーズーティンバーデー:ありがとうございます
タッター:バイバイ
トワードォメー:さようなら
ナーメーバーレー?:名前は何ですか?

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です